ブログアフィリエイトで稼ぐ仕組み!広告収入と成果報酬の違いを解説

どうも、仁井雄稀です!!

「ブログで稼ぐために何をするのか?」「どうやって報酬が発生するのか?」と気になる方は数多くいるでしょう。

結論から言うと、ブログを使ったお金の稼ぎ方はたくさんの種類があり、その中で大まかに分けると【広告収入】と【成果報酬】の2つに分類されます。

今回は、ブログの広告収入と成果報酬での仕組みの違いについて解説します。

ブログで広告収入を得る仕組み

企業案件やGoogleアドセンスの広告をブログに設置して、読者が広告を1回クリックする毎に報酬が発生するといったものです。

広告を見ること自体にお金は発生しないからこそ売る商品やサービスがなくても収入源を作ることができます。

しかしアドセンス広告は、1クリックつき10円~30円ほどの報酬しかなく、クリック率も100人中1人が見るかどうかの世界なので、1日100PVだとしたら毎月3000円くらいしか稼げません。

これはブログのアクセス数が多ければ多いほどお金が稼げる仕組みになるといったところです。

だからこそ、まずは流行ネタや専門知識など読者にとって役立つ情報を発信していき、自分のブログのアクセス数を多く集めることを意識します。

オススメの広告はGoogleアドセンス

広告収入のアフィリエイトで稼いでいきたいと考えているのであれば、アドセンス広告がオススメです。

Googleアドセンスを知らない方もいるので簡単に説明すると、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスになります。

クリックされるだけで報酬が発生する広告ですので、一般的なブログでもアクセスが多ければ結構な収入になります。

また、一度ブログに設置すれば読者の属性に合わせた広告が自動で配信されていく仕組みになっているためメンテナンスなどはしなくても広告をクリックされやすくなっています。

他にもクリックされるだけで報酬が入るサービスはありますが、1クリックの単価や自動で切り替わることを考えると、アドセンス広告の方が使い勝手はいいです。

ブログで成果報酬を稼ぐ仕組み

これは広告収入であるアドセンス広告よりも難易度が少し高いです。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)に登録された商品やサービスをブログを通じて紹介してしていくといったものです。

広告をクリックしただけでは報酬は発生せず、商品を購入してもらう、もしくは会員登録などをしてもらうことにより、はじめて報酬が発生します。

アドセンスに比べ、報酬の単価も商品の30%~50%くらいはもらえるので、少ない記事数でも安定して高収入を稼ぎ続けることができます。

実際に有名なブロガーの方も広告収入より成果報酬で稼いでいる人の方が多いですからね。

しかしアドセンス広告に比べ、商品を売るための専門知識が必要になりますし、商品を紹介する文章力がないとなかなか商品が売れてきません。

こちらはブログの運営をある程度こなしてから始めるのをオススメしています。

まずはASPに登録するべき

成果報酬のアフィリエイトで稼いでいきたいと考えているのであれば、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録をしましょう。

これは自分で商品やサービスを提供できる人ならしなくてもいいのですが、ほとんどのアフィリエイターは自社商品を持ってはいません。

そこで使うのがASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)になります。

ASPは商品を持っている企業とサイト運営者との間を仲介して様々なジャンルの商品を配信してくれるサイトになります。

企業側すると、広告を掲載されたサイトから商品が購入されれば報酬が発生する仕組みですので、広告単価が1円から10万円以上と自由に設定しているのが大きな特徴ですね。

商品購入や会員登録などの成果報酬で稼ぐならASPへの登録は必ずしておきましょう。

まとめ

広告収入型のアフィリエイトと成果報酬型のアフィリエイトとでは、ブログでの稼ぎ方は大きく変わってきます。

とにかく読者のアクセスを集めまくる広告収入型と実際に商品を購入してもらう成果報酬型のどちらかがいいかとはなんとも言えませんが、ブログを始めたばかりであればブログ運営や記事の作成になれるためにもアドセンス広告をやってみる方がいいかもしれません。

いきなり商品を紹介して売るのはライティングスキルが身についていないので難しいですからね。

最初にちょっとずつ報酬が発生するものから始めて、徐々に報酬の単価を上げていく方がお金を稼いでいる実感もでるので、自分のモチベーションも上げやすいかもしれません。