ブックメーカーで稼いだら税金はどれくらいかかる?確定申告は必要なのか?

こんにちは、仁井雄稀です。

いつもブログをみていただきありがとうございます。

今回は、ブックメーカーで稼いだ際にかかる税金と確定申告についての解説をしていきます。

ギャンブル収入は一時所得の扱い

日本の法律ではギャンブルで得た収入は「一時所得」の扱いであり、所得による税金はかかってしまうことになります。

競馬や競輪やオートレースなどの払い戻しにもこの規則は適用されており、特例である宝くじ以外のギャンブルには課税対象とされています。

日本にいて海外のブックメーカーサイトを使ったとしても、「全世界所得課税」によって国内と国外で得たすべての利益が課税対象とされているため、オンラインカジノやブックメーカーであっても一時所得として税金は支払わないといけません。

一時所得の課税計算

「ブックメーカーではどのくらい税金がとられるのか?」

これを不安に思っている方も少なくないでしょう。

法律を踏まえながら税金の計算式を説明すると

一時所得は最高50万円の特別排除があり、

年間で50万円以下の利益であれば税金はかかりません。

税金がかからない

資金20万円を50万円に増やす(利益30万円)

税金がかかる

資金20万円を100万円に増やす(利益80万円)

税金がかかる場合の一時所得は

(100万円ー20万円)ー50万円=30万円

税金の支払いは

30万円×半分×所得税率10%=1.5万円

利益が80万円くらいであれば金は1.5万円という計算式になります。

おさらいをすると

(利益ー必要経費)ー特別排除50万円=一時所得

一時所得×半分×税率=課税支払い

確定申告について

海外のブックメーカーサイトから自分の銀行口座にお金を送金する際には振込履歴が残るので、少しでも稼いだのであれば確定申告はしておいた方がいいです。

特別排除の50万円を越えていない人は税務署にうるさくは言われないでしょうが、ブックメーカーで50万円〜100万円ほど稼いでいる人は特に注意が必要です。

確定申告はその年の1月1日〜12月31日までの得た利益に対して2月16日〜3月15日までにしなければいけません。

面倒だと思い確定申告を怠ってしまうと、延滞税や無申告加算税などの対象になる可能性もあるので、確定申告はきっちりしておく方がいいということですね。