「働きアリの法則」から分かる仕事を頑張る人としない人の心理学

こんにちは、仁井雄稀です。

世の中には、仕事を毎日がんばる人と仕事をしない人の2パターンの人間がいます。

その中で「なぜ仕事をしないのか?」と思い浮かべる人間の心理は、働きアリの法則に基づいている心理学だと言われています。

そこで今回は、働きアリの法則によって何が変わるのかを解説していきます。

働きアリの法則について

集団で動く昆虫のアリには、働くアリ(人)と働かないアリ(人)がいます。

その中のよく働く2割のアリが8割の食料を集めてきます。

つまり、2割のエリートが8割の資金を稼いでいることになります。

普通に働くアリは6割ですが、時々サボります。

つまり、6割は普通に仕事をしているということですね。

本当に働いているのは全体の8割であり、残りの2割のアリは仕事をしていません。

ここが俗にいうニートや引きこもりになります。

よく働いているアリ 2割

普通に働いているアリ 6割

ずっとサボっているアリ 2割

この割合である「2:6:2」こそが働きアリの法則であるともいえます。

エリートの集団でも「2:6:2」の法則になる

よく働いているアリ2割の残していっても、残りの中から2割がよく働くアリになり、全体としてはまた「2:6:2」の分担になる。

よく働いているアリだけを集めても、一部がサボって「2:6:2」に分かれ、サボっているアリだけを集めても、一部が働きだして「2:6:2」に分かれます。

どのアリの集団を集めても結果は同じ「2:6:2」の割合になってしまう。

これが恐ろしいことに人の集団心理にもあてはまり、人間のどんな集団にもよく働いている人2割:普通に働いている人6割:ずっとサボっているアリ人2割に分かれてしまいます。

優秀な働きアリになるには基準を変える

仕事に対してできる人やできない人などが数多くいる中で、できる人間になるためにはどうすればいいのか?

これは一概にはなんとも言えませんが、一つは強い人間の集団についていくことです。

例えば、人間の集団にも強いグループの中で普通な場合と弱いグループの中で普通な場合では話が変わってきます。

強いグループと弱いグループの「普通」の基準が違うということですね。

起業する人間の内には「なるべくしてなった起業家」「意外な変身を遂げた起業家」の2つのタイプに分かれます。

前者は、職場でも2割の優秀な人材として活躍されていたでしょう。

後者は、逆に6割の普通の人材が環境によって変化したのかもしれません。

強い起業家の環境に入って普通の位置にいることで、劇的に変化したと言えるでしょう。

「働きアリの法則」まとめ

働きアリの法則

よく働いているアリ 2割

普通に働いているアリ 6割

ずっとサボっているアリ 2割

この割合はエリートを間引いたとしても変わりません。

なので自分が6割の立ち位置にいて、上を目指したいと考えているのであれば、自分よりも圧倒的に上のグループに入ることをオススメします。

そうすることによって自分がもっている普通の価値観が自然と変わっていく、できる人にもできない人にも属さない普通の人が行える変化ともいえるでしょう。