電子書籍の印税はどのくらい?Amazon Kindleのロイヤリティの仕組み

こんにちは、仁井雄稀です。

Amazon Kindleで電子書籍を出版して、売れた時に著者には「印税」が支払われますが、ロイヤリティには2種類の印税を選択することができます。

紙の書籍の場合では、著者は出版社から約8〜10%の印税が入ってくるので、定価1000円の本で10%だとすると、一冊あたりの印税は100円になるということですね。

一方で、Amazon Kindleの電子書籍の場合では、価格を最低の99円に設定すると印税は35%となります。

これだと一冊あたりの印税が35円で、少し物足りなく感じるかもしれません。

しかし、この価格を250円に設定すれば印税が70%になり、定価1000円の本だと750円の印税をもらうことができます。

ここで35%と70%のロイヤリティ条件を説明すると、

35%ロイヤリティ

Amazon Kindleでの通常の印税で、特別な設定をしなければこの印税になります。

70%ロイヤリティ

KDPセレクトに登録することが条件です。

さらに出版する電子書籍の価格を250円〜1250円に設定しなければいけません。

さらに、Amazon Kindleには印税は入ってくる仕組みがもう1つあり、それが「Kindle Unlimited」と呼ばれる電子書籍の読み放題サービスになります。

この「Kindle Unlimited」は1冊ごとの購入数ではなく、書籍が読まれたページ数によって印税が入ってきます。

この印税には「Kindle Edition Normalized Page Count (KENPC)」というAmazonが独自に計算しているので、1ページあたりの単価はいまのところは明らかになってはいません。

僕の場合だと1ページで約0.5〜0.8円ぐらいは入ってきていますね。

以前は70%の印税でどれだけ電子書籍が購入されるかが重要だった訳ですが、いまは購入するよりも「Kindle Unlimited」の読み放題サービスで読まれる割合の方が多くなっている傾向にあります。

つまり、どれだけ長くページ数を読んでくれるか、書籍の内容がもっとも重要になっている時代になっているとも言えます。

紙の書籍みたいに、読まれても読まれなくても、購入されれば印税が入ってくるだけではありません。

Amazon Kindleの電子書籍には、表紙のデザインだけで適当に出版するのではなく、質の高い内容の書籍を出版すること印税収入が稼ぐもっともな近道であるでしょう。