メルマガよりもLINE@の方がセールスしやすい理由

こんにちは、仁井雄稀です!

最近はメールの代わりに個人のコミュニケーションツールとしてLINEを使われることが多くなりましたよね。

機能もメールとは比べものにならないくらいに多機能であり、有料になる電話の代わりに無料通話、絵文字の代わりにスタンプ、メールの代わりにチャットメッセージなどが使えます。

もはや日本国内だけでも7000万人以上は利用されており、スマホユーザーのLINEシェア率は90%以上という数字からも当たり前の存在となりました。

そんなLINEを通して、企業や個人事業主がユーザーにダイレクトに情報を届けられるのが、公式アカウントとしてのLINE@です。

まさにインターネットビジネスに必須であるLINE@ですが、こちらは無料で作成することができます。

他にも、アカウントと友だちになっている読者に一斉配信するメッセージ機能やクーポンやアンケートなども送れて、LINEと変わらない1対1のトークやタイムラインの機能もあり、いつでもお問い合わせに対応することができます。

そしてLINE@には、3つの大きなメリットが存在します。

1.多くのユーザーはメールをよりLINEを使って連絡をしていることです。

そのLINEにこちらからメッセージを送ることができれば、返信を送ってくれることが数多くあります。

逆にメルマガでは、一昔前にスパムメールが流行っていたため、メールを送ったとしても迷惑メールボックスに入ることがあり、登録された後でも見られていない可能性があります。

2.クリックだけでLINE@を登録することができます。

メルマガ登録には、アドレスを打ち込まなければいけませんが、LINE@の登録はクリックするだけで登録することができます。

しかも、LINE@の配信を見たくないと思ったのであれば、ブロックするだけでいいですからね。

これらの観点から、LINE@は気軽に登録してくれるケースが多いということが考えられます。

そのお手軽さから、1万円以上の高額な商品を販売するには成果は出にくいデメリットはあるかもしれません。

しかし、無料のメルマガ紹介だけでいいオプトインアフィリエイトなどであれば、逆に登録されやすいというメリットがあります。

3.ユーザーとコミュニケーションが取れます。

LINE@は登録している読者には、普通のLINEと一切変わりません。

他にもメールマガジンは一方通行に配信するのに対して、LINE@は「LINE@にメッセージをください」と配信すると、読者から返信が返ってきて、親近感を深めることが出来ます。

一応はメールマガジンでも、返信を返すことはできますが、いちいちメールアドレスを宛先にしてメッセージを打ち込むなど手間がかかりますよね。

だからこそ、LINE@は読者からの感想をダイレクトに聞けて、それに向けた商品を提供できるということができます。