オプトインアフィリエイトをInstagram(インスタグラム)でリスト集客する方法

どうも、仁井雄稀です。

最近は「オプトインアフィリエイトで稼ぎたい!」と考えている人が増えてきているらしいですね。

そんな中、無料でできるSNSのInstagram(インスタグラム)を活用して、見込み客リストを集客をしたい方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、オプトインアフィリエイトをInstagram(インスタグラム)でリスト集客する方法について解説していきます。

オプトインアフィリエイトをInstagramでリスト集客する方法

写真がメインとなっているInstagramとは?

FacebookやTwitterが文章で情報や価値観を伝えるSNSならば、Instagramは写真で自分の日常や企業宣伝などに使うSNSになります。

例えばですが、美容院のカットモデルが散髪している写真や居酒屋の料理などの写真が投稿されるなどですね。

写真情報が視覚からダイレクトに入ってきてくるため、宣伝による集客効果ももちろん高くなっています。

またSNSの中では比較的に新しい媒体になり、「インスタ映え」という言葉が流行った程度には人気も備えています。

Instagramにアフィリエイトリンクは貼れない

Instagramで集客する際に気をつけてほしいのは、投稿した写真に文章を書くことはできますが、コメント欄にメルマガやLINE@のアフィリエイトリンクを貼ることができません。

あくまでも、写真とそれに付随するコメントのみ投稿できる仕組みになっています。

「リンクが貼れないならInstagramってあんまり使えない」と思われるかもしれませんが、自分のプロフィール欄下にあるwebサイトの項目にはアフィリエイトリンクを貼ることができます。

そこで集客の戦略として、Instagramの投稿ではプロフィールに誘導してからリストを集めるように文章を構成しなければいけません。

連続で投稿して多くのユーザーに認知してもらう

さて、Instagramの読者の集め方が分かったところで写真を投稿していきましょう。

単純ではありますが、Instagramで目に留まりやすいコツは、写真を1投稿するより3連続で投稿した方がフォロワーのタイムラインに表示がされて目立ちやすい傾向にあります。

Facebookと同じく多く投稿しているユーザーの方がアルゴリズムで上位に表示されやすくなっているということです。

他のSNSと同様に読者を集めることを目的としている以上、まずは目に留めてもらって写真からプロフィールを見てもらえなければ意味がありません。

こちらは継続してやることに意味があります。

投稿には30個のハッシュタグを使う

Instagramでフォロワーを増やすには、自分に興味を持っている人を探して、フォローをする、もしくはフォローされなければいけません。

しかし、ただやみくもにフォローしてもネットビジネスや副業に興味がない人までフォローしてしまい無駄な労力になる可能性が高いでしょう。

そうならないために、Instagramではハッシュタグを活用してください。

ハッシュタグとは、キーワードの頭に#を付けたものであり、例えばInstagramで「#ネットビジネス」で検索をすると、「#ネットビジネス」というハッシュタグが付けられた写真の一覧が表示されます。

自分の投稿にハッシュタグを付けておくだけで、検索キーワードから興味をもってくれた方が向こうからフォローしてくれます。

ハッシュタグは1投稿に対して30個まで付けることができますので、定型文のハッシュタグコピペを作っておいてくださいね。

アカウント凍結のリスクを回避する

最後にInstagramでこちらからフォローする際には注意することがあります。

それは、スパム防止のために短期間でフォローをする、またはフォロー解除をするといった行為をするとアカウント制限の規制がかかってしまう可能性があります。

最悪の場合はアカウントの凍結もありえますので、フォロー行為は1日に30人くらいで抑えておきましょう。

かなり控えめな数ではありますが、これからも規制が厳しくなる可能性もあるため、特にアカウント開設初期の段階では十分に注意をしてくださいね。