オプトインアフィリエイトのやり方〜初心者が陥りやすい無料オファーのメリットとデメリット〜

こんにちは、仁井雄稀です!!

公式LINE@の読者さんから

「オプトインアフィリエイトで稼ぐために何をするのか?」

「どのような流れで報酬が発生するのか?」

という質問を多数頂きましたので、今回はオプトインアフィリエイトのやり方とメリットデメリットについて解説していきます。

通常のアフィリエイトでは有料の商品が売れたら報酬がもらえる

まず、アフィリエイトの大まかな仕組みとして、ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)に登録された商品やサービスをブログを通じて紹介してしていくといったものです。

もっと詳しく説明すると、ASPに登録された商品のアフィリエイトリンクをクリックすると、広告主の商品販売ページにジャンプして、商品を購入してもらう、もしくは会員登録などをしてもらうことによって報酬が発生します。

アフィリエイト報酬の単価では商品代金の30%~50%くらいはもらえるので、うまく自動化の仕組みを作れば、安定して高収入を稼ぎ続けることができるでしょう。

またASP自体がいろんな広告を集めてくれているので、アフィリエイターは自分の好きな広告を選び、気軽にアフィリエイトを始めることができますね。

商品販売者にとっても、いちいち個別ごとに契約をする必要がないですし、手間と経費が省ける上にアフィリエイターが無料で商品を紹介してくれるからこそコスト面を抑えることができます。

実際に有名なブロガーの方もこういったアフィリエイトで稼いでいる人の方が多いですからね。

ただ、有料の商品を売るためには専門知識が必要になりますし、商品を紹介する文章力がないとなかなか商品が売れてきません。

そんな方にオススメするのがオプトインアフィリエイトになります。

オプトインアフィリエイトでは無料のメルマガを登録されたら報酬がもらえる

通常のアフィリエイトが有料の商品やサービスを販売していくのであれば、オプトインアフィリエイトとは無料のメールマガジンを紹介することによって報酬がもらえるといったものです。

もっと詳しく説明すると、指定されたアフィリエイトリンクを読者がクリックすると、LP(ランディングページ)と言われるメールマガジン登録用ページが開かれ、LPからメールアドレスが登録されたら報酬が発生するわけですね。

また、無料のメールマガジンを紹介することによって報酬を得る関係上、報酬は有料の商品と比較すると少ない傾向にあり、1件につき500円や1000円といった金額が設定されています。

例えば、あなたがメルマガやLINE@でオプトイン案件を紹介して10人に登録してもらえたとすると、

500×10=5000(円)

こちらが成果報酬として得られることができます。

逆に紹介してもらう側からすると、1件500円の案件に対して10000人が登録してくれたとすれば、

500×10000=5000000(円)

こちらをアフィリエイターに対して支払う必要があります。

1件1件は小さい金額でも、積み重なれば相当な金額になる事が分かりますね。

ここで「無料のメールマガジンの登録に報酬を支払っていれば赤字になって支払われることがないのではないのか?」と思う方もいるかもしれません。

ですが、実際には登録したメールマガジンの中で、自分の商品やサービスを販売していくので、その売上によって利益を確保することができます。

例えば、10000人が登録したメールマガジンの中で10万円の商品を100人が購入されたとすれば、アフィリエイト報酬の支払いを含めた利益は、

10×100ー5000000=5000000(円)

最終的な利益として500万円の儲けが得られるわけですね。

したがってアフィリエイターに無料メールマガジンを紹介してもらい、500万円を広告費で支払ったとしても、売上1000万円から半分は利益として残るわけです。

つまりは商品販売者の立場からすると、メールマガジンで商品を販売することによって利益が得られる見込みがあるのであれば、アフィリエイターにお金を支払ったとしても、メールアドレスを集めることに大きなメリットが存在するということになります。

もちろんアフィリエイター側にとっては、無料のメールマガジンを紹介するだけでアフィリエイト報酬が得ることができますので、そちらにとっても大きなメリットがあるわけです。

つまり、オプトインアフィリエイトとは、インフォプレナーとアフィリエイターの双方にとってのメリットを生かした仕組みであると言えます。

オプトインアフィリエイトの利点

初期費用0円から始められる

アフィリエイトだけには限らず、インターネットビジネスを本格的にやるためには、パソコン等の費用で2万円~5万円以上の金額がかかってしまいます。

ですが、オプトインアフィリエイトの場合は、SNS(ソーシャルネットワークサービス)とオプトイン案件のあるASPを持ってさえいれば、すぐにでも始めることができます。

どちらもスマホかタブレットで無料登録することができます。

文章はコピペだけで完結する

人になにか商品を購入してもらうには、文章を書く力がある程度は備わっていないと売れることはなかなかありません。

しかし、ASPの案件にはすでに用意された文章があります。

その文章をコピペして、自分のLINEやメルマガやSNSに貼り付けて送るだけでいいので、作業時間は5分もかかることはないでしょう。

無料広告と比べて報酬単価が高い

無料広告の代表的な例をあげると、Googleのアドセンス広告が一番有名かと思います。

こちらは読者が広告を1回クリックする毎に報酬が発生し、お金のやり取りはしないため、アクセスが多ければ多いほど稼げると仕組みになっています。

しかし、アフィリエイト報酬の単価は、1クリックにつき10円から30円ほどの報酬しかなく、クリック率も100人中1人が見るかどうかの世界なので、1日100PVだとしたら毎月3000円くらいしか稼げません。

逆にオプトインアフィリエイトは、アフィリエイト報酬の単価が1000前後と高いため、少ないアクセス数や読者数でも簡単に売上をたてることが可能となります。

サポートは一切必要なし

有料の商品を取り扱っていないので、ASPから購入者に対するサポートする必要はありません。

あなたが街中でティッシュ配りをしてから受け取ってさえしてもらえれば、それだけで500円や1000円といった報酬が発生する仕組みになっているのです。

作業時間としても5分のコピペで完結するので、週に何度かFacebookやLINEもしくはメルマガでコピペ文章を送るだけで済む、初心者にも敷居が低いビジネスと言えるでしょう。

オプトインアフィリエイトの欠点

毎日キャンペーンの紹介をしていると飽きられる

いくら無料の商品とはいえ、毎日キャンペーンの紹介ばかりをしていると、読者に飽きられてしまいます。

セールスばかりをしているいい情報が得ることができないと思われてしまうので、キャンペーンの紹介以外にも、役に立つ情報を提供しないといけません。

オプトインアフィリエイトに取り組む人のほとんどは、役に立つ情報を提供をすることができずに、途中で諦めてしまう結果になってしまいます。

報酬を支払わないアフィリエイトセンターがある

オプトインアフィリエイトは性質上、紹介される商品やサービスなどが購入されなければ、報酬を支払うことができません。

そこでセールス能力のないキャンペーンを紹介すると、アフィリエイト報酬がもらえないといった事例も相次いでいます。

大手ASPはちゃんと報酬を支払ってくれますが、中には規約で振込み金額の最低ラインが高かったり、キャンペーンだけ載せておいて報酬未払いなど、あからさまな詐欺ASPが存在します。