ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』から考える目標達成の極意とは?

こんにちは、仁井雄稀です。

今回は、著ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」を読んで、目標を達成するためにするべき極意について解説していきます。

まず、あなたは物事がうまくいかない。

そんな時、どう考えますか?

おそらく、

「どうすればうまくいくだろうか」

と考えますよね。

それは普通のことであると思いますし、実際に私も常に考えています。

では、何があなたの成長を止めているのでしょうか?

まずは自分の心の中で、停滞している原因を考えることです。

うまくいかない時は必ずと言っていいほど、自分の中にある考え方や思考といった内的要因が原因だったりします。

つまり、思考が現実化できない大きな原因とは、「自分にはできない」と思い込んでいるから結果も同じようについてこないんです。

実際に、多くの人は生活に不満を抱えていながら、今の生活水準が一番居心地がいいと思っているんですね。

ビジネスや投資の勉強は楽しい時や幸せに感じることもたくさんありましたが、同時にプレッシャーや苦しさも感じてしまいますからね。

結局はそこの部分で脱落していく結果になります。

このように成長を止めている原因を見つめて、原因から意味を変えていかない限りは自分を変えて人生を望む方向へと進めることは難しいでしょう。

私達は自分の思っている通りを生きてから実現ができないのです。

ではなぜ頭に思い描いたことが実現できないのかと言うと、人間は潜在意識が変わることを望まない性質を持っているからです。

潜在意識とは生命維持を第一優先にしています。

変化することより一定であることの方が状況を把握できますよね。

変化すると分からないことが増えて不安定になってしまいます。

例えばの話ですが、慣れた道よりも初めて歩く道の方が不安な感覚になりますね?

それは、潜在意識から不安という危険信号を出しているからなんです。

人が望む方向へと変わって成長していく過程には、必ずこの不安や苦しい感覚がどうしても訪れてしまいます、

潜在意識的には、いつだって自分ができると思っている範囲が現実化しているからこそ、自分の潜在意識と向き合うことが必要となってきます。

そして、苦しさから意味を見出すことによって、無意識化でも行動していき、延々と続けると人は次第に慣れていきます。

慣れていけば、習慣化されて思考は現実化したと思えるかもしれません。

あなた自身の夢を現実化するには意識的な部分をまずは鍛えなければいけませんね。