Twitter初心者がいまさら聞けない「Twitter」の基本的な使い方や専門用語

こんにちは、仁井雄稀です。

Twitterは何年も流行っているSNSの1つですが、その中でも「Twitterってどんな機能があるの?」「Twitterがうまく使えない」といった方がいるかと思います。

そこで今回は、いまさら聞けないTwitter特有の専門用語と使い方を簡単に解説していきます。

ツイート

自分がTwitter上に書き込んだことを「ツイート」または「つぶやき」と言います。

文章は140文字以内の文字制限があり、投稿すると自分のフォロワーに内容が公開されます。

フォロー

他人をフォローすることで相手のツイートを自分のタイムラインに表示することができます。

フォローは基本的に自由にできますが、アカウントに鍵がついていた場合は相手の許可が必要になります。

フォロワー

自分のツイートを見てくれる読者のことです。

Twitterでステータスを上げたいのであればフォロワー数を増やすことが重要ですね。

タイムライン

自分がフォローしている人のツイート一覧のことです。

フォロー相手と自分のツイートが上から新しい順に表示されていきます。

お気に入り

ツイートをいつでも見れるように保存する機能です。

ツイートそのものが削除されない限りは自分のツイートでも他人のツイートでも保存することができます。

リツイート

他人が書いたツイートを自分のツイートとして投稿される機能です。

リツイートが多ければ多いほど、情報が拡散しやすくなります。

ダイレクトメッセージ

フォロワーに対して個別にメッセージを送る機能です。

これは自分がフォローされていなければ送ることはできません。

告知などには便利な機能ですが、あまりにしつこくやってしまうとブロックされるので、注意が必要でしょう。

リプライ

@マークの後にユーザー名を入れて投稿することによって、相手のユーザーに対してツイートを送ることができます。

タイムラインには表示されるのでフォロワーでも見ることができるので、気になる方はダイレクトメッセージで連絡しましょう。

ハッシュタグ

#マークはtwitterではハッシュタグと呼ばれています。

ハッシュタグを投稿文に入れておくことで、特定のキーワードで検索されやすくなる機能です。

例えば、ツイートの文頭に「#アフェリエイト」というハッシュタグをつけた場合、アフェリエイトと検索したユーザーに自分のツイートがタイムラインに表示されます。

ブロック

自分のツイートが見れないダイレクトメッセージを送れないようにする機能です。

相手とTwitter上で一切関われなくなり、迷惑なユーザーを排除するのに便利な機能になります。