Twitter(ツイッター)を活用したネットビジネスでの稼ぎ方

どうも、仁井雄稀です!

最近は「インターネットビジネスで稼ぎたい!」と考えている人が増えてきているらしいですね。

そんな中、無料でできるTwitterを使って稼ぎたいと思われている方も多くいるのではないでしょうか?

そこで今回は、Twitterでのビジネス活用方法について解説していきます。

日本人の5人に1人はTwitterを使っている

Twitterは1投稿あたり140文字以内という短文に特化している特殊なSNSの立ち位置を持っています。

ユーザーの年齢層は10代から20代が中心とも言われていますが、世界中で2億4000万ユーザー、日本だけでも2300万ユーザーという規模まで発展しているらこそ、インターネットビジネスで活用しないという選択はありません。

Twitterは投稿したツイートに対して、フォロワーのタイムラインには自動で表示されますし、検索のキーワードに引っかかるとフォロワーではなくてもツイートが表示されます。

また、自分が投稿したツイートをフォロワーが「リツイート」してくれると、フォロワーのフォロワーまでツイートが表示されることからも、他者に情報が拡散しやすい性質を持っています。

Twitter単体では140文字の制限があるために内容のすべてを伝えることはできませんが、これをFacebookやブログ等と合わせて使うことによって、多くの読者に見てもらいやすくなるというわけですね。

Twitterの手軽さを利用する

Twitterの本質は、新しい人と知り合う、ささいな日常の投稿、トレンドの話題など「広く浅い」情報を発信する媒体です。

Twitterはとにかく情報を拡散することに特化しているので、自分がしたつぶやきをフォロワーが「リツイート」をしてくれると、爆発的に他者に情報が伝わっていくこと可能性があるということです。

また、AndroidやiPhoneといったスマホとの相性が抜群なため、外出中のちょっとしたスキマ時間に使え、メールよりも手軽なダイレクトメッセージも送ることができます。

これらの要素を踏まえて、人とコミュニケーションをとることに便利なSNSといえるでしょう。

ブログで読者をつかむ

Twitterが140文字の文字制限がある「広く浅い」情報を発信する媒体とするならば、ブログは自分の伝えたいことだけを投稿する「深く狭い」情報を発信する媒体になります。

いわば専門的な雑誌のようなメディアみたいなものですね。

読者にとってためになる記事を投稿することにより、毎日アクセスしてもらえるブログの発信力や影響が徐々に増していくでしょう。

また、記事の内容を工夫することによって、認知度を上げてブランディングしていくことに向いていますし、使い方次第で集客や販売にも使うことができます。

ただし、Twitterと比べると集客がうまくいかないケースが多く、記事を書くのも時間がすごくかかりますね。

だからこそ、Twitterとの連携が必要になってきます。

1日に10ツイートをしていく

まずTwitterのアカウントを取得した時点ですぐにでも活用していきましょう。

ツイートする際の注意点としては、アフィリエイトリンクばかりを流していてはアカウント凍結のリスクがでてきます。

したがって、アフィリエイト記事は3回に1回くらいの割合に抑えておき、その他は有名人の名言やちょっとした豆知識をツイートすることで、売り込み要素を少しでも減らしていきましょう。

Twitterも時間が経過していくと共に、タイムラインから下にどんどん流れていってしまうので、できれば毎日は配信していきたいところですね。

1日に10ツイートできれば1年で3650ツイートという数字になりますので、意外と簡単にツイート数は増やすことができ、自分のブランディングにも繋がります。

自動ツイートのbotを作成する

しかし、仕事をしながら副業をされている方は毎日ツイートをする時間なんて正直ありませんよね。

そこで登場するのが自動でツイートをしてくれるツールを使っていきます。

私自身もツイートを時間指定で毎日配信してくれる無料のツールを使っており、いまでは3000ツイート越えという数字を叩きだしています。

もちろんコツコツと投稿していくのもいいですが、作業時間を取ることができない方やすぐにでも結果を出したい方は、限られた時間を少しでも有効に使うためにも、こういった自動化を図っていくことが実は大切だったりするのです。