YouTubeを始める前に知っておきたい動画撮影に必要な機材

こんにちは、仁井雄稀です。

YouTubeをビジネスに活用するのであれば、あまりクオリティの低い動画は面白くない動画だとユーザーに思われてしまいます。

だからこそ、機材を準備して高クオリティの動画を作成できるようにしましょう。

今回はYouTubeで必要な機材について理由とともに解説していきます。

動画作成に必要な機材

  • カメラ、ビデオカメラ
  • 三脚
  • 照明
  • マイク
  • パソコン
  • 編集ソフト
  • 外付けHDD

カメラ、ビデオカメラ

最近のスマホはかなりキレイな動画を撮影することができますが、こちらはカメラを使うことをオススメします。

いままで映像撮影の経験がない方、さらには手持ち撮影や長時間撮影を多くしたいと考えている方はビデオカメラを選びましょう。

手振れ補正機能や、電動ズーム、長時間バッテリーなど、映像を撮影する上での機能が充実しているので、あまり難しいことを考えずに綺麗な映像を撮影することができます。

一眼レフカメラは基本的に写真を撮るためのものですが、最近のものは動画も撮影できるようになっており、一眼レフカメラの持つ大きな映像センサーを活かして美しい映像を撮ることができます。

一眼カメラだと手ぶれ補正機能が弱かったり、カメラに関する知識も必要になってきますので、ビデオカメラよりは扱いが難しくなりますが、ドラマ撮影やこだわりの強い映像を撮影したい方が使っています。

三脚

手ぶれ補正がついたカメラでも完全に手ぶれをなくすことはできません。

手ぶれした動画は見づらく離脱率が高まってしまうので、画面をしっかり固定する意味でも三脚は用意するようにして下さい。

外での撮影が多いのであれば軽い三脚、テーブルでの撮影が多いのであれば小さな三脚と使い分けてもいいでしょう。

照明

動画の画面が暗いとユーザーにはあまりいい印象を与えることはできません。

光の加減で見え方も変わってくるので、できれば使い勝手のいいスタンド付きの照明を購入しておいた方がいいでしょう。

マイク

インタビューやセミナー形式の動画を作成するのであれば、話が聞き取りずらいのは致命的です。

外付けマイクかもしくはピンマイクを購入して下さい。

パソコン

スマホでもYouTubeに動画をアップロードすることは可能ですが、編集できる内容は限られてしまいます。

そのためにMacかWindowsのパソコンを必ず用意しましょう。

動画のバックアップもできますし、吹き込みを入れたり、ノイズを消したりとほとんどのことができるようになります。

編集ソフト

MacはiMovie、Windowsはムービーメーカーが初心者の方でも比較的簡単に動画編集ができるようになります。

また、動画だけでなく写真をスライドショーにして動画に見せるような方法もできます。

外付けHDD

動画ファイルは容量が大きく、すぐにパソコンのHDDがいっぱいになってしまいます。

HDDがいっぱいになるとパソコンの処理速度にも影響がでてくるので、外付けHDDを用意して動画ファイルはできるだけ外に保存するようにしておきましょう。

まとめ

動画作成に必要な機材

    • カメラ、ビデオカメラ
    • 三脚
    • 照明
    • マイク
    • パソコン
    • 編集ソフト
    • 外付けHDD

有名なYouTuberはこれだけの機材を揃えて動画編集をおこなっていますが、必ずしもすべてを揃えなければいけないということはありません。

ユーザーや目的によっては必要のない機材もありますので、安い機材からやってみて買い足していくものいいでしょう。