YouTubeのアルゴリズムを利用した再生回数を上げる3つのテクニック

こんにちは、仁井雄稀です。

YouTubeの動画が全然再生されない...」という悩みを持っていませんか?

せっかくYouTubeで稼ごうとしても、再生されないのであればやる気が削がれてもおかしくありません。

実はYouTubeには一般的に知られていない検索上位に表示させるアルゴリズムが存在します。

これを知っているか、知らないかによって、YouTubeの再生回数も大きく変わってきますので、今回はYouTubeのアルゴリズムを利用した再生回数を上げる3つのテクニックを紹介していきます。

YouTubeの検索にヒットするタイトル

動画のタイトルはyoutube内の検索エンジンでかなり重要になります。

自分がつけているタイトルに対して、視聴者がyoutube内で検索するキーワードにタイトルが入っていれば、検索でヒットしやすくなり、関連動画に表示されやすくなるというものです。

例えば自分の動画のタイトルに「ダイエット」というキーワードが入っていたら、「ダイエット」と検索した視聴者に対して自分の動画に辿りつくというイメージですね。

また、タイトルは最初につけている単語が検索の上位に上がりやすい傾向にあります。

例えば、ダイエットをメインとした動画であれば「大物芸能人も使っているダイエットグッズ」では検索の上がりずらく、「ダイエットで激痩せ!芸能人の使っているダイエットグッズ」の方が上位に上がりやすい傾向にあります。

Googleの検索にヒットする説明文

動画のタイトルではyoutube内の検索エンジンにヒットしますが、動画の説明文ではyoutubeの検索エンジンにヒットしません。

「じゃあ説明文書いても意味がないの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

動画の説明文はGoogleの検索エンジンが対象となっていますので、その仕組みについてご説明します。

説明文に「痩せるサプリ」というキーワードを入れたとしましょう。

そうするとGoogleで検索した時に「痩せるアプリ」というキーワードで自分の動画がでてくるという仕組みになります。

逆にyoutube内で「痩せるアプリ」というキーワードで検索しても、動画はヒットしません。

動画コンテンツはGoogleからも検索されることが多いので、説明文に関連キーワードを記載することでyoutube以外からのアクセスも見込めるようになるのです。

youtube動画に関連するタグ

正しく動画にタグをつけることによって、視聴者を関連動画に誘導することができます。

スマホであれば表示している動画の下の方に、パソコンであれば表示している動画の右の方に、その時見ていた動画の内容と似ているもしくは同じようなジャンルの動画が何件はでてきます。

ここで自分の動画を人気の高い動画に関連として表示させることにより、新たな視聴者を呼び込むことができます。

また、タグというのはジャンル分けの一部でもあります。

例えば「ダイエット」とキーワードにした動画であれば、関連して「痩せる」「健康」というタグをつけることができるので、関連動画に表示させることもできるということです。

今回はyoutubeのアルゴリズムについて詳しく解説をしましたが、youtubeアルゴリズムは日々進化しています。

そのアルゴリズムに対応できる情報こそが、youtubeで稼ぐ秘訣かもしれませんね。