【2018年最新版】インスタグラムでリスト取りができる情報発信マニュアル

どうも、仁井雄稀です。

最近では、写真の投稿をメインとしたSNSであるInstagramが急激に成長していて、FacebookやTwitterをしているユーザーもやっているようです。

そんな中でInstagramを副業のツールとして利用しているユーザーもたくさんいます。

そこで今回は、Instagramでリスト取りをするための情報発信ノウハウについて解説していきます。

Instagramで稼ぐためのリスト取り手法

Instagramは写真をメインとしたSNS

FacebookやTwitterが文章で情報や価値観を伝えるSNSならば、Instagramは写真で日常を伝えるSNSです。

例えば、美容院のモデルがカットされた写真や居酒屋の料理などの写真を投稿することによって、ダイレクトに視覚から情報が入ってきますので、これまた集客効果はかなり高いです。

これはSNSの中では比較的に新しいものであり、コメント欄にアフィリエイトリンクを貼ることができず、あくまで写真とそれに付随するコメントのみしか投稿することはできません。

Instagramの投稿にはリンクを貼れない

Instagramでは、投稿した写真にコメントを付けることはできますが、コメント中アフィリエイトリンクを貼ることはできません。

つまりはメールマガジンやLINE@のリンクも貼ることはできないということにもなります。

「リンクが貼れないのであればInstagramって全然使えない」と思われるかもしれませんが、実は1つだけリンクを張れる場所があります。

それは自分のプロフィール欄だけはアフィリエイトリンクもしくはメールマガジンやLINE@のリンクを貼ることができます。

そこで戦略としてはInstagramの投稿は自分のプロフィールに通して、そこから自分のメディアに誘導するといった方法になります。

ちょっと回りくどい方法にはなりますが、Instagramの現状ではこれ以外の方法はありませんし、私の場合は投稿をコピペで済ましているためにそこまで労力がかかることはありません。

連続で投稿してフォロワーを増やす

さて、Instagramのリストの集め方が分かったところで写真を投稿していきましょう。

Instagramで目に留まりやすいコツとして、写真を1投稿するより3投稿した方がフォロワーのタイムラインに表示がされやすく目立ちやすいという傾向があります。

そしてFacebookと同じく、毎日多くの投稿しているユーザーの方がアルゴリズムで上位表示されやすくなっているということです。

他のSNSと同様に読者を集めることを目的としている以上、まずは目に留めてもらって写真からプロフィールを見てもらえなければ意味がありません。

こちらも継続してやることに意味があります。

ハッシュタグを使ってフォロワーを増やす

他にもフォロワーを増やすためにやらなければいけないことがあります。

それは自分に興味を持っている人を探して、フォローをする、もしくはフォローしてもらうことです。

しかし、ただやみくもにフォローするとインターネットビジネスや副業に興味がない人までフォローしてしまい無駄な労力になる可能性が高いでしょう。

そうならないために、Instagramではハッシュタグを大いに活用しなくてはいけません。

ハッシュタグとは、キーワードの頭に#を付けたものであり、例えばInstagramで「#ネットビジネス」で検索をすると、「#ネットビジネス」というハッシュタグが付けられた写真の一覧が表示されます。

その写真を投稿しているユーザーをフォローするといいでしょう。

また、自分の投稿にハッシュタグを付けておくだけでも向こうからフォローしてくれる人数も急増していきます。

ハッシュタグ自体は1投稿に対して30個まで付けることができますので、定型文のハッシュタグコピペを作っておいてくださいね。

アカウント凍結のリスクを回避する

最後にInstagramで誰かをフォローする際に注意することがあります。

それは、スパム防止のために短期間で大量にフォローするとアカウントが規制されるという規約です。

この規約により、短期間でフォローをする、またはフォロー解除をするといった行為をして規制がかかってしまうと、それ以上はフォローできなくなってしまいます。

最悪の場合、アカウントの凍結もありえますので、最初のうちはフォローを1日に30人くらいで抑えておきましょう。

かなり控えめな数ではありますが、具体的な上限は規約は載っていませんし、Instagramのアルゴリズムから規制が厳しくなる可能性もあるため、特にアカウント開設初期の段階では十分に注意をしてくださいね。