どうも、仁井雄稀です。

リスト取りは、ありとあらゆるメディアを駆使してリストを集めていく作業になります。

例えば、ブログで集める方法、YouTubeで集める方法、SNSで集める方法など、ネットで検索するだけでも多数のノウハウが公開されていますよね。

その中でも、私が1番オススメしているのがYouTubeを使ったリスト取りです。

実際、私自身もYouTubeのリスト取りに一番力を入れていますし、ブログよりもYouTubeの方が効率的にリストが取れています。

ですが、「YouTubeで1リストも取れない…」といったお悩みを読者様から頂きましたので、今回はYouTubeのリスト取りで最も大切なジャンル特化のチャンネルを作るべき理由について解説していきます。

まずはリスト取りの本質を考えるべき!

Youtubeに限った話ではありませんが、リスト取り全般において最も重要なのは「ファンを増やしていくこと」です。

良くやりがちなのは、1つのYouTubeチャンネルに投資や転売、アフィリエイトなど様々なジャンルの動画をアップしている人もいますが、これはやってはいけない失敗例です。

私は以前にやっていましたが(笑)

例えばの話、仮想通貨の動画を見てチャンネル登録がされたとしても、その人は仮想通貨に興味がある人なので他のジャンルの動画は基本的には見ないですよね。

そのようなYouTubeチャンネルは再生回数や登録者数が増えていても、あなたの持っている情報に興味がない=リストにならない傾向が高くなっていまいます。

つまり、質の低いYoutubeチャンネルなんですよ。

そうならない為にも、ジャンルを1つの分野に特化させてYouTubeチャンネルの質を高めていく必要があるということですね。

ジャンル特化のチャンネルを作る理由

専門的内容のファンが集まりやすい

人は興味のある内容を知って

「この内容はすごく参考になる!だったら無料メルマガも登録してみよう」

このように価値があるからこそ能動的に動いてくれます。

そこで専門的な内容の動画をアップし続ければ、「投資のチャンネルなら投資に興味がある」「せどりのチャンネルならせどりに興味がある」といった形で、内容自体に興味のある人がYouTubeチャンネル集まって無料メルマガに登録してくれる様になります。

動画の再生時間が増える

ジャンル分けによって質の高いチャンネル登録者が増えていきます。

そうなれば、自分のYouTubeチャンネルにある他の動画を最後まで見てくれる可能性が高くなります。

これが興味のないジャンルだったら最後まで普通は見ませんよね。

動画の再生回数が伸びる

Youtubeのアルゴリズムでは、再生時間の長い動画が検索結果の上位になって関連動画にも表示されやすくなります。

さらに多くの人が検索や関連動画から来て動画を見てくれるようになるので、結果として再生回数も自然と伸びていく訳ですね。

逆にYoutubeチャンネルをジャンル分けしていないと、複数の動画を見ない=動画が表示されなくなる結果として再生回数もまた伸び悩むようになります。

今回のまとめ

専門的なジャンル特化することがいかに大事か理解して頂けたかと思います。

ネットビジネス系のYoutubeチャンネルを作成するだけでも、ネットビジネス全般より転売のYoutubeチャンネル、投資のYoutubeチャンネルといったように内容に特化して作成した方が確実にリストは集まります。

実際、他の内容には興味ない人もいるので、動画を再生してくれなかったり、チャンネル登録も解除されてしまいます。

このようにジャンル分けしないことの方がデメリットが多数あります。

まずは、Youtubeチャンネルのジャンルを1つの分野に特化させる所から始まり、ユーザーが何を求めているのかを考えながら情報発信をするようにしてみましょう!